現在は肥満の基準や標準体重の計算にはBMI(body mass index)が用いられています。
計算式は体重(kg)を身長(m)の2乗で割ります。たとえば身長が170cmで体重が70kgだとすると70/(1.70x1.70)=24.2となります。逆に身長の2乗に22をかけた値が標準体重となります。日本肥満学会ではBMIが20から24を正常範囲としており25以上を肥満としています。
この50年で日本人男性の平均BMIは約3上昇しています。この3の上昇により生活習慣病が増えていると言っても過言ではないでしょう。BMIは25まで行ってないから大丈夫と考えたあなた、20歳の時のBMIより現在のBMIが3以上増加していたら要注意ですよ。